カフェ開業を成功させるための総合情報サイト

空き物件探しには居ぬき物件を選ぶのがおすすめ

居ぬき物件の長所は費用があまりかからない

居ぬき物件にとっての最大のメリットとしては、カフェとしての内装、また設備が整っているため、内装工事の費用が最初から行うよりも格段に安く済むという点です。
カフェに必要となる厨房や家具類、コーヒー抽出に必要な器具も残っていることもあり、この点でも費用を抑えることが出来るので、非常にリーズナブルです。

また、設備や内装がある程度整っているということは内装工事を行う箇所が少なくて済むため、カフェ開業までの期間も短くなるといったメリットもあります。
居ぬき物件の中にはガスや水道、電気といった家に必要な最低限のものを稼働させるだけでカフェをオープンさせることのできる物件もあるため、カフェ開業が初めてという方には非常におすすめできる物件になっています。

居ぬき物件の注意すべきポイント

一見するとメリットばかりが目立つ居ぬき物件ですが、注意すべき点も複数あります。
まず一つ目にカフェの内装が残っているということは、カフェのコンセプトやイメージがある程度決まってしまっていることになります。そうなってくると自分の思い描いたカフェのイメージとは遠いイメージになってしまう可能性があるので、この点には注意が必要です。

また、これ以外にも前に経営していたオーナーがどのような理由でその店が閉店に追い込まれることになったのか、その理由について注意しておく必要があります。
場合によっては人通りの少ない、カフェをするには向いていない立地の可能性も考えられますので、その立地の近所の人などに人通りについての調査をしておくことも大切になってきます。


▲ TOPへ戻る